TOKO OA SYSTEM
株式会社東光オーエーシステム
アパレルシステム NBS 卸・SPA向けシステム - アパレル業界へ最先端のソリューションを提供 - TOKO OA SYSTEM

総額表示の義務化について

2021年4月1日より、消費税における「総額表示が義務化」となります。

2019年10月に消費税率は10%になった際、移行の準備期間として特例が設けられておりました。総額表示の特例により、税抜価格のみの表示でも、注釈として(税抜)などと表示していれば許されていましたが、その特例が2021年の3月31日で終了となります。

現状の商品タグやECにおける価格表記が消費税を含んだ総額の表示になっているかをご確認ください。消費者に対しての価格表示であれば、それがどのような表示媒体によるかを問わず、総額表示が義務付けられますので早めの準備をお薦めしております。(事業者間での取引や口頭による価格の提示は総額表示義務の対象とはなりません。)

支払総額の表示義務化

令和3年4月1日以降は左図のような表記が出来なくなります。消費税相当額を含む支払総額が一目で分かるようにする必要があります。 右図のように支払総額である「11,000円」が表示されていればよく、「消費税額等」や「税抜価格」の併記も可能です。

商品タグの無線化について

商品タグの差し替えに合わせてRFID(無線タグ)の導入はいかがでしょう

RFIDはユニークIDをもっているため、同じ商品を二度読みするミスを防止出来ます。棚卸の負荷が大幅に軽減されるため、棚卸の頻度を上げることができ、在庫精度の向上が図れます。

当社では棚卸の他に、レジにおける売上登録や移動、入出荷検品などの業務でご活用いただけるシステムを用意しております。ご興味のある方はお気軽にお問い合せ下さい。

RFタグも以前と比べ大幅に低価格化しており、導入のハードルが下がってきています。この機会にRFIDシステムの導入はいかがでしょうか。

当社のお薦めするRFIDソリューション

Compact RFIDはこちら

商品タグの表記やPOSレジにおける総額表示対応につきまして、お困りの際はお気軽にお問い合せ下さい。
Copyright (C) 2011 TOKO OA SYSTEM co ltd All Rights Reserved